環境への取り組み

鉄道時刻表ニュースでは、冊子を制作委託するにあたり、環境にやさしい冊子になるよう努力しております。

本文用紙を薄くして資源消費削減

同人誌のモノクロ本文は上質紙70kgや書籍用紙62kgなどが主流になっています。

しかし鉄道時刻表ニュースでは印刷会社様のご協力のもとより薄い上質紙55kgを使用することにより1ページ当たりの環境負荷を21.4%低減するほか、1ページ当たりの厚さが薄くなるので本がスリムになり、手軽に持ち運べます。

この環境にやさしい本文用紙の使用は2020年7月頒布開始予定の韓国シティ時刻表vol.1及び2020年末頒布開始予定の中国シティ時刻表vol.3より使用予定です。

インクを薄くして読みやすく、そして資源消費削減

ふつう原稿作成の際に、黒字はデフォルトの黒(0,0,0)を使用することが一般的となっています。

しかし鉄道時刻表ニュースではWEBサイトを含め長年の運営ノウハウから、真っ黒よりもやや薄いグレーの方が見やすく、かつ日本で発売している時刻表本文でもグレー字を採用していることを把握しています。また真っ黒よりグレー字の方がインク消費量を抑えられます。

このことから、鉄道時刻表ニュースの書籍は全て黒字ではなくグレー字を採用しております。

2020年3月発行の中国シティ時刻表vol.2ではグレー字(34,34,34)を使用しており、黒字と比べ13.3%インク消費量を抑えています。

今後の刊行物では最大グレー字(46,46,46)まで使用することにより、最大18.0%のインク消費量削減を目指します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました